宮本常一とあるいた昭和の日本  1

田村 善次郎;宮本 千晴【監修】

高度経済成長に沸く昭和40〜50年代の日本、急速に姿を変えてゆく農山漁村の風景や暮らしの中に秘められた豊かさや知恵を探し求めて、ひたむすら歩きつづけていた若者たちがいた。民俗学者宮本常一と彼が率いた近畿日本ツーリスト株式会社・日本観光文化研究所に参じた若者たちである。同研究所が発行した幻の月刊誌『あるくみるきく』を地域別、テーマ別に編んだ昭和日本の風土記集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一枚の写真から-飲み屋にて 昭和五四年(一九七九)四月「あるくみるきく」一四六号
  • 沖縄-昭和四二年(一九六七)九月「あるくみるきく」七号
  • 沖永良部与論島-昭和四三年(一九六八)七月「あるくみるきく」一七号
  • 八重山-珊瑚礁のかなたの原郷 昭和四四年(一九六九)三月「あるくみるきく」二五号
  • 奄美大島南部の島々-昭和四七年(一九七二)五月「あるくみるきく」六三号
  • 与論島-ユンヌの人々 昭和五二年(一九七七)四月「あるくみるきく」一二二号
  • 糸満の海-昭和五三年(一九七八)七月「あるくみるきく」一三七号
  • 宮本常一が撮った写真は語る-沖縄県・本島と周辺の島 昭和四四年(一九六九)九月
  • 久米島-ふるさと再見 昭和五九年(一九八四)七月「あるくみるきく」二〇九号

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮本常一とあるいた昭和の日本
著作者等 宮本 千晴
宮本 常一
田村 善次郎
須藤 功
書名ヨミ ミヤモト ツネイチ ト アルイタ ショウワ ノ ニホン
書名別名 奄美沖縄
シリーズ名 あるくみるきく双書
巻冊次 1
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2011.6
ページ数 222p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-540-10201-1
NCID BB0589738X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21946198
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
奄美沖縄 須藤 功
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想