新羅殊異伝

小峯和明, 増尾伸一郎 編訳

新羅時代の歴史故事・奇異譚を集めた『新羅殊異伝』は、佚書ながら『三国史記』『三国遺事』をさらに遡り、朝鮮文学の最古層をなすとともに、東アジアの古代文学の広がりと交流を豊かに物語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 脱解(金英順)
  • 迎烏・細烏(金英珠)
  • 阿道(金英順)
  • 円光(趙恩〓(ね))
  • 虎願(金英順)
  • 宝開(小峯和明)
  • 善徳王(増尾伸一郎)
  • 志鬼(増尾伸一郎)
  • 竹筒美女(増尾伸一郎)
  • 老翁化狗(権香淑)
  • 首挿石〓(小峯和明)
  • 仙女紅袋(河野貴美子)
  • 崔致遠(趙恩〓(ね)・河野貴美子)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新羅殊異伝
著作者等 増尾 伸一郎
小峯 和明
書名ヨミ シラギ シュイデン : サンイツシタ チョウセン セツワシュウ
書名別名 散逸した朝鮮説話集
シリーズ名 東洋文庫 809
出版元 平凡社
刊行年月 2011.6
ページ数 312p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-80809-4
NCID BB0589002X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21959458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 韓国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想