心の傷を癒すということ : 大災害精神医療の臨床報告

安克昌 著

PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむ被災者の「心の叫び」と、自らも被災しながら取り組みつづけた精神科医によって、阪神大震災の被災地から届けられた感動の"心のカルテ"。本書は、サントリー学芸賞受賞作に改訂を加え、さらに新たに阪神大震災および災害精神医学に関するエッセイや論考を大幅に増補し、そして著者と関係の深かった方々の文章を収録した決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 震災直後の心のケア活動-1995年1月17日〜3月(私の被災体験
  • 精神科救護活動はじまる ほか)
  • 第2部 震災が残した心の傷跡-1995年4月〜96年1月(PTSDからの回復
  • 死別体験と家族 ほか)
  • 第3部 災害による"心の傷"と"ケア"を考える("心の傷"とは?
  • "心のケア"とは? ほか)
  • 増補第1部 被災地の復興と災害精神医学(震災時の心の風景
  • 震災から四年目の神戸-虚無感と希望 ほか)
  • 増補第2部 安克昌と本書に寄せて(安克昌先生を悼む
  • 『心の傷を癒すということ』、サントリー学芸賞選定の選評 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心の傷を癒すということ : 大災害精神医療の臨床報告
著作者等 安 克昌
書名ヨミ ココロ ノ キズ オ イヤス ト イウ コト : ダイサイガイ セイシン イリョウ ノ リンショウ ホウコク
出版元 作品社
刊行年月 2011.6
版表示 増補改訂版.
ページ数 443p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86182-339-8
NCID BB05889993
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21942945
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想