空が青いから白をえらんだのです : 奈良少年刑務所詩集

寮美千子 編

受刑者たちが、そっと心の奥にしまっていた葛藤、悔恨、優しさ…。童話作家に導かれ、彼らの閉ざされた思いが「言葉」となって溢れ出た時、奇跡のような詩が生まれた。美しい煉瓦建築の奈良少年刑務所の中で、受刑者が魔法にかかったように変わって行く。彼らは、一度も耕されたことのない荒地だった-「刑務所の教室」で受刑者に寄り添い続ける作家が選んだ、感動の57編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • くも
  • 金色
  • 銀色
  • すきな色
  • ぼくのすきな色
  • 夏の防波堤
  • ゆめ
  • 夢と希望と挫折
  • 朝だ仕事だ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 空が青いから白をえらんだのです : 奈良少年刑務所詩集
著作者等 寮 美千子
書名ヨミ ソラ ガ アオイ カラ シロ オ エランダノデス : ナラ ショウネン ケイムショ シシュウ
シリーズ名 新潮文庫 り-5-1
出版元 新潮社
刊行年月 2011.6
ページ数 209p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-135241-1
NCID BB05885879
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21943428
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想