砂糖の歴史

エリザベス・アボット 著 ; 樋口幸子 訳

その魅惑的な「甘さ」に秘められた重く厳しい道のり!奴隷制を中心に、人口分布、経済、環境、政治、文化、倫理などさまざまな分野で「世界の地図」を塗り変えてきた砂糖産業と消費文化のすべて!世界を大きく変えたサトウキビと砂糖の壮大な物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 西洋を征服した東洋の美味(「砂糖」王の台頭
  • 砂糖の大衆化)
  • 第2部 黒い砂糖(アフリカ化されたサトウキビ畑
  • 白人が創り出した世界
  • 砂糖が世界を動かす)
  • 第3部 抵抗と奴隷制廃止(人種差別、抵抗、反乱、そして革命
  • 血まみれの砂糖-奴隷貿易廃止運動
  • 怪物退治-奴隷制と年季奉公制
  • キューバとルイジアナ-北アメリカ向けの砂糖)
  • 第4部 甘くなる世界(砂糖農園の出稼ぎ移民たち
  • セントルイスへ来て、見て、食べて!
  • 砂糖の遺産と将来)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 砂糖の歴史
著作者等 Abbott, Elizabeth
樋口 幸子
アボット エリザベス
書名ヨミ サトウ ノ レキシ
書名別名 Sugar
出版元 河出書房新社
刊行年月 2011.5
ページ数 513p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-309-22544-9
NCID BB05882906
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21942423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想