整形外科治療と手術の合併症 : 起こさない対策・起きたときの対応

冨士武史 編

[目次]

  • 1章 全身的合併症(多発外傷
  • 骨盤輪損傷 ほか)
  • 2章 局所的合併症-脊椎・体幹(頸部腫瘤切除-副神経損傷
  • 頸椎後方除圧手術 ほか)
  • 3章 局所的合併症-上肢(関節鏡下肩関節手術
  • 肩関節手術(内視鏡除く)・上腕の骨折 ほか)
  • 4章 局所的合併症-下肢(下肢ナビゲーション手術-股関節外科を中心に
  • 下肢悪性腫瘍広範囲切除後の合併症とその対策 ほか)
  • 5章 稀だが知っておいた方がよい合併症(腰椎手術での対麻痺
  • 腹臥位手術での失明 ほか)
  • 6章 法的視点からみた合併症(医療者の立場から
  • 弁護士の立場から)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 整形外科治療と手術の合併症 : 起こさない対策・起きたときの対応
著作者等 富士 武史
冨士 武史
書名ヨミ セイケイ ゲカ チリョウ ト シュジュツ ノ ガッペイショウ : オコサナイ タイサク オキタ トキ ノ タイオウ
出版元 金原
刊行年月 2011.5
ページ数 433p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-307-25150-1
NCID BB05877462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22004238
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想