カラダの声をきく健康学

北村昌陽 著

「肩が凝ってますね」と人からいわれるまで気づかない、長い間便秘が続いている、体が冷たくて固い、ヒマがあると何時間もネットで最新の健康情報を探してしまう…、こんな症状は要注意。頭でっかちにならずに、内なる体の声に耳を傾けて体の元気を取り戻してみませんか。のんびりとあくびでもしながら読んでください。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 緊張と我慢が体の声を遠ざける
  • 第2章 声を発するのは、体の中の「ご先祖さま」
  • 第3章 体の声を遠のける、現代特有のストレス
  • 第4章 暴走する新しい脳、抑え込まれる古い脳
  • 第5章 現代社会が抱える「居着きの構造」
  • 最終章 体の声をきくために 実践編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カラダの声をきく健康学
著作者等 北村 昌陽
書名ヨミ カラダ ノ コエ オ キク ケンコウガク
書名別名 Karada no koe o kiku kenkogaku
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.5
ページ数 181p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-025809-8
NCID BB05863967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21941420
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想