あだ惚れ

河治和香 著

"あだ惚れ"とは、むなしい恋のこと。ねずみ色が粋なのは、あきらめの色だから。むなしい片恋でも思い切れないのは、惚れてしまったから。花魁の匂いは「裾風」。馬鹿の馬と不埓の埓で「馬埓」。北斎との邂逅を描いた「畸人」。人の心も花のように褪めやすい「桜褪」。高野長英の脱獄をめぐる遠山の金さんの「侠気」。天保改革の嵐の中、相変わらずの即席頓智で、ひとり気を吐く江戸っ子浮世絵師国芳と娘の侠風美少女登鯉を巡る人々の織りなす浮世模様、そして様々な、むなしい片想い。シリーズ第一作『侠風むすめ』が絶賛された、注目の第二弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 あだ惚れ
著作者等 河治 和香
書名ヨミ アダボレ
シリーズ名 国芳一門浮世絵草紙 2
小学館文庫 2
出版元 小学館
刊行年月 2007.12
ページ数 265p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-09-408233-3
NCID BB05862862
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21346518
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
侠気 河治 和香
桜褪 河治 和香
畸人 河治 和香
裾風 河治 和香
馬埓 河治 和香
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想