考古学が語るシルクロード史

エドヴァルド・ルトヴェラゼ 著 ; 加藤九祚 訳

コーカサスから中国・インドまで、壮大なシルクロードの成り立ちがすべてわかる!著者渾身の名著、日本で初めて紹介。わかりやすい地図・図版約300点を掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文明(中央アジア文明の起源
  • 文化史的地域-中央アジア文明の基礎 ほか)
  • 2 国家(中央アジアにおける初期のステートフッド(statehood、国家であることの地位)
  • 国家形成のタイプ ほか)
  • 3 精神文化(文字の文化-文明と国家の発展水準を決定する要素
  • 世界宗教の東トルキスタンと極東への伝播における中央アジアの役割)
  • 4 文化の移動(大シルクロード
  • 中央アジアにおけるギリシア人Hellenesとヘレニズム文化Hellenistic Culture ほか)
  • 付録 玄奘の中央アジア旅行経路

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 考古学が語るシルクロード史
著作者等 Rtveladze, Ė. V.
Rtveladze, Ėdvard Vasil'evich
加藤 九祚
Rtveladze Edvard
ルトヴェラゼ エドヴァルド
書名ヨミ コウコガク ガ カタル シルクロードシ : チュウオウ アジア ノ ブンメイ コッカ ブンカ
書名別名 Civilizations,states,and cultures of Central Asia

中央アジアの文明・国家・文化

Kokogaku ga kataru shirukurodoshi
出版元 平凡社
刊行年月 2011.5
ページ数 287p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-582-44117-8
NCID BB05861167
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21947344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想