フルトヴェングラー家の人々 : あるドイツ人家族の歴史

エバーハルト・シュトラウプ 著 ; 岩淵達治, 藤倉孚子, 岩井智子 訳

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(一八八六‐一九五四)は、二〇世紀前半を代表する指揮者として、現在でもなお高い人気を誇る。しかし一方で、彼はナチス政権獲得から第二次世界大戦後まで、「政治と芸術」の関係に翻弄される運命を受け入れざるを得なかった。本書は、指揮者の父で著名な考古学者であるアドルフをはじめ、フルトヴェングラー家の人々の多くが、古典的教養を獲得した自由な市民であり、ゲーテとシラーによって構想された「ドイツ教養主義」を体現しようとした点に着目する。そして、カリスマ的指揮者フルトヴェングラーを生んだドイツ教養主義の展開と、その背景となった「市民社会」が、二度の世界大戦によって衰退から滅亡にいたる道筋をたどる、野心的著作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「感情の揺れる階梯の上で」-失われた美を求める神経質な学者
  • 第2章 「耳を聾する轟音から誇らしげに遠ざかって」-生の索漠たる岸辺に立つ若き市民たちの悩み
  • 第3章 「音楽こそ祖国」-ドイツ的教養の聖なる芸術
  • 第4章 「彼の芸術からは常に無限の幸福感を生む音が流れ出てくるだろう」-人間を捉える指揮者にして、聴衆のいない作曲家
  • 第5章 「私を招き、私に憧れ、引く手あまたの私」-芸術の力の大規模な産業化
  • 第6章 「フィルハーモニーの響きは自然の産物」-ウィーンの柔らかな音と北ドイツ的な音色
  • 第7章 「我々芸術家は政治に関与すべからず」-権力者に接近はするが、心の内では留保
  • 第8章 「協力を楯に抵抗」-市民的なジレンマ、権力なしでは人の言うなりだ
  • 第9章 「美も死なねばならない」-すべてイメージ化された商品世界における教養市民の絶望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フルトヴェングラー家の人々 : あるドイツ人家族の歴史
著作者等 Straub, Eberhard
岩井 智子
岩淵 達治
藤倉 孚子
シュトラウプ エバーハルト
書名ヨミ フルトヴェングラーケ ノ ヒトビト : アル ドイツジン カゾク ノ レキシ
書名別名 Die Furtwanglers

Furutovengurake no hitobito
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.5
ページ数 390, 17p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024662-0
NCID BB05859030
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21947090
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想