岡倉天心と大川周明 : 「アジア」を考えた知識人たち

塩出浩之 著

本書は二人の知識人を通じた、「アジア」という地域概念をめぐる思想史である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近代日本にとっての「アジア」
  • 1 「アジア」という概念(ヨーロッパ生まれの地域概念
  • 日本の伝統的世界観とアジア概念の受容
  • 「アジア」概念の政治性)
  • 2 岡倉天心-日本美術の構築とアジアへの呼びかけ(明治国家建設期の美術行政官僚
  • 「輸入」「消化」「独立」の日本美術論
  • インド旅行とアジアへの目覚め ほか)
  • 3 大川周明「復興亜細亜」と宗教学(宗教学と『新インド』
  • インド人革命家との出会い
  • アジアの反帝国主義と日本-日露戦争と第一次世界大戦 ほか)
  • 岡倉天心と大川周明のアジア論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岡倉天心と大川周明 : 「アジア」を考えた知識人たち
著作者等 塩出 浩之
書名ヨミ オカクラ テンシン ト オオカワ シュウメイ : アジア オ カンガエタ チシキジンタチ
書名別名 Okakura tenshin to ookawa shumei
シリーズ名 日本史リブレット 人 84
出版元 山川出版社
刊行年月 2011.5
ページ数 93p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-54884-8
NCID BB05851119
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21935872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想