アジア新時代の南アジアにおける日本像 : インド・SAARC諸国における日本研究の現状と必要性

宇野隆夫 編

この本の情報

書名 アジア新時代の南アジアにおける日本像 : インド・SAARC諸国における日本研究の現状と必要性
著作者等 国際日本文化研究センター
宇野 隆夫
International Symposium "Changing Perceptions of Japan in South Asia in the New Asian Era, the State of Japanese Studies in India and Other SAARC Countries"
書名ヨミ アジア シンジダイ ノ ミナミアジア ニ オケル ニホンゾウ : インド SAARC ショコク ニ オケル ニホン ケンキュウ ノ ゲンジョウ ト ヒツヨウセイ
書名別名 Changing perceptions of Japan in South Asia in the New Asian era
シリーズ名 International Symposium in India 2009
インド・シンポジウム 2009
出版元 国際日本文化研究センター
刊行年月 2011.3
ページ数 381p
大きさ 26cm
NCID BB0584280X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21930733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
Contemporary art currents between Japan and India Anu Jindal
GPS/GISを用いた考古学的研究 宇野 隆夫
Indian studies of prewar Japan Sushila Narsimhan
Indian translation of modern/contemporary Japanese literary works P.A.George
Indo-Japanese cultural relations in the twentieth century India Shashibala
Japan's policy towards South Asia Lalima Varma
Jpanese literature studies in India Unita Sachidanand
Kanmer J.S.Kharakwal
Perception of Japan in India-past and present Gita A.Keeni
Political culture of Japan U.A.B.Razia Akter Banu
Review of prehistoric cultures of Gujarat and need to develop accurate settlement gazetteer Kuldeep K.Bhan
The attractions of classical Japanese literature for Indian students Anita Khanna
The impact of Japanese tradional theatre on ediriweera sarachchandra's drama Kulatilaka Kumarasinghe
The radhabinod pal dissentient judgment and nationalism post-war Japan Takeshi Nakajima
Toward building a multi-dimensional India-Japan partnership K.V.Kesavan
Women of Ukiyo-e Sampa Biswas
Yone Nobuchi and India Madoka Hori
インド、中国における石川啄木及び宮澤賢治受容概要と今後の展開の可能性 望月善次
タゴール、ノンドラル・ボシュと荒井寛方 稲賀繁美
仏伝(釈迦の伝記物語)の日本的変遷 小松和彦
仏教文化
南アジアの日本文化受容
基調講演
手塚治虫、インドに出会う 細川周平
政治・経済・社会学
日本文学研究の国際的な理論構築に向けて 中川成美
糞掃衣の変遷 松村薫子
考古学
視覚芸術
近現代文学
須弥山世界の言説と図像をめぐる 小峯和明
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想