詩想の泉をもとめて

井上輝夫 著

路傍の木陰にひと息つく古の旅人のように、来しかたを振りかえりながら、詩について、また詩をとおして思いを綴った旅のエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ケンブリッジ、冬の旅から(昔の手帖をめくるセーヌ河岸
  • 浮世、忘れぬケンブリッジ
  • ガウンをまとった居候 ほか)
  • 2章 山里からニューヨークへ(霧の河原にかくれ棲む
  • 那由多亭の雨戸をとざす
  • ホワイト・プレインズのとまどい ほか)
  • 3章 詩想の泉をもとめて(花筏は心のなかを流れる
  • 風神に吹かれて鵜は魚をとる
  • 播隆は阿弥陀仏を見る ほか)
  • 終章 渚にゆきかう(旅のおわり-福江島にて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 詩想の泉をもとめて
著作者等 井上 輝夫
書名ヨミ シソウ ノ イズミ オ モトメテ : ケンブリッジ ニューヨーク フクエジマ マデ
書名別名 ケンブリッジ、ニューヨーク、福江島まで

Shiso no izumi o motomete
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2011.5
ページ数 218p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1802-6
NCID BB0583780X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21926737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想