金融資本主義の崩壊 : 市場絶対主義を超えて

ロベール・ボワイエ 著 ; 山田鋭夫, 坂口明義, 原田裕治 監訳

「金融市場を、公的統制下に置け!」サブプライム危機を、金融主導型成長が導いた必然的な危機だったと位置づけ、"自由な"金融イノベーションの危険性を指摘。公的統制に基づく新しい金融システムと成長モデルを構築する野心作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本にとっての危機の教訓-まえがきにかえて
  • 画期的変化の2008年
  • 金融市場効率性理論の瓦解と他の伝統的アプローチ
  • 金融市場は完全か-危険な過ち
  • 金融脆弱性と経済危機-大経済学者への回帰
  • 民間の金融イノベーションに一貫して遅れをとる各種規制
  • アメリカ住宅ローン市場関連のデリバティブ商品危機は避けることができた
  • 危機の展開-資産のデフレ・スパイラル
  • サブプライム危機-変わらないものと新しいもの
  • 金融主導型成長の終焉
  • 金融イノベーションに枠付けをするなという謬論
  • 金融の社会的統制のために-単一の要請 複数の道
  • 構造的かつ世界的な危機だが、国民国家への復帰はあるのか
  • 転倒する世界 継続する危機

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融資本主義の崩壊 : 市場絶対主義を超えて
著作者等 Boyer, Robert
中野 佳裕
原田 裕治
坂口 明義
宇仁 宏幸
山田 鋭夫
藤田 菜々子
西 洋
ボワイエ ロベール
書名ヨミ キンユウ シホン シュギ ノ ホウカイ : シジョウ ゼッタイ シュギ オ コエテ
書名別名 Finance et globalisation
出版元 藤原書店
刊行年月 2011.5
ページ数 442p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89434-805-9
NCID BB05835327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21942697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想