目的別で選べる核酸実験の原理とプロトコール : 分離・精製からコンストラクト作製まで,効率を上げる条件設定の考え方と実験操作が必ずわかる

平尾一郎, 胡桃坂仁志 編

エタノール沈殿の基本から分離・精製・クローニングまで、ベーシックな核酸実験法をカバー。核酸の化学的な解説も基礎から丁寧に紹介。実験法の背景から原理を解説し、実験操作や使用する試薬は根拠から詳しく説明。知らなくても実験は進むけれど、知っていると役立つ知識を多数掲載。反応量や反応時間を変えるとどう影響が出るのか。結果を検証し、効率を上げる条件設定を解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 核酸実験の基本
  • 2章 基本的な核酸の分離・精製法(核酸の沈殿法の原理とプロトコール
  • 核酸の分離の原理とプロトコール
  • プラスミド精製法の原理とプロトコール
  • 大腸菌からのプラスミド調整法の原理とプロトコール)
  • 3章 細胞・組織からの核酸抽出法(細菌からのゲノムDNA、RNA調製法の原理とプロトコール
  • 動物組織からのゲノムDNA、RNA調製法の原理とプロトコール)
  • 4章 コンストラクトの作製(基本の試薬などのマテリアル(性質と選び方)
  • DNAの増幅法の原理とプロトコール
  • プラスミドへのDNA断片導入の原理とプロトコール
  • DNAからRNAへの応用)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 目的別で選べる核酸実験の原理とプロトコール : 分離・精製からコンストラクト作製まで,効率を上げる条件設定の考え方と実験操作が必ずわかる
著作者等 平尾 一郎
胡桃坂 仁志
書名ヨミ モクテキベツ デ エラベル カクサン ジッケン ノ ゲンリ ト プロトコール : ブンリ セイセイ カラ コンストラクト サクセイ マデ コウリツ オ アゲル ジョウケン セッテイ ノ カンガエカタ ト ジッケン ソウサ ガ カナラズ ワカル
書名別名 Mokutekibetsu de eraberu kakusan jikken no genri to purotokoru
シリーズ名 実験医学別冊
出版元 羊土社
刊行年月 2011.6
ページ数 263p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7581-0180-6
NCID BB0581516X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21938892
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想