モンゴル帝国の覇権と朝鮮半島

森平雅彦 著

13〜14世紀のユーラシアを席巻した巨大遊牧帝国に対し、朝鮮半島の人びとは、個人またはさまざまなレベルの集団で、柔軟かつしたたかに生き抜く道を模索していた。それは「抵抗か、さもなくば屈従か」という単純な二分法で理解できるものではない。厳しい国際環境の制約下で自己存在の定立をはかろうとする姿の複雑さと巧みさは、時代と地域を超えた普遍性につながる朝鮮史の醍醐味のひとつである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 朝鮮史における「タタールのくびき」
  • 1 モンゴルの侵略と元との講和
  • 2 日本経略と対元関係の変化
  • 3 世界帝国のなかの高麗王
  • 4 国内政治空間の変容
  • 5 「混一」時代の国際交流

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モンゴル帝国の覇権と朝鮮半島
著作者等 森平 雅彦
書名ヨミ モンゴル テイコク ノ ハケン ト チョウセン ハントウ
シリーズ名 世界史リブレット 99
出版元 山川出版社
刊行年月 2011.5
ページ数 90p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-34937-7
NCID BB05803943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21935865
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想