グラムシ『獄中ノート』著作集  7 (歴史の周辺にて「サバルタンノート」注解)

アントニオ・グラムシ 著 ; 松田博 編訳

20世紀を代表する「実践の哲学」=批判的・創造的マルクス主義思想家グラムシが次の時代に遺した社会的・文化的変革思想。「サバルタン・スタディーズ」の淵源本邦初の全訳・注解版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 歴史の周辺にて-サバルタン集団の歴史(ダヴィデ・ラザレッティ
  • 方法論的諸基準 ほか)
  • 2 「サバルタン・ノート」関連草稿(リソルジメントとサバルタン
  • 「実践の哲学」とサバルタン ほか)
  • 3 「サバルタン・ノート」関連資料(グラムシ略年譜
  • 『獄中ノート』執筆プラン ほか)
  • 4 解題(「サバルタン・ノート」と千年王国運動
  • 「サバルタン」論の生成と展開)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グラムシ『獄中ノート』著作集
著作者等 Gramsci, Antonio
松田 博
グラムシ アントニオ
書名ヨミ グラムシ ゴクチュウ ノート チョサクシュウ
書名別名 歴史の周辺にて「サバルタンノート」注解

Guramushi gokuchu noto chosakushu
シリーズ名 獄中ノート
巻冊次 7 (歴史の周辺にて「サバルタンノート」注解)
出版元 明石書店
刊行年月 2011.5
ページ数 178p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7503-3382-3
NCID BB05797217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21944130
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想