グローカル的思考

西田勝 著

社会から文学まで、現代の諸問題は国家や民族を超えた思考や、人びとの連帯によってしか解決できない。グローバル・ローカリズムの旗を掲げて、草の根市民運動とともに歩んできた著者の四半世紀におよぶ行動と発言の軌跡。本書は、二十数年前に中国人による芥川賞受賞を予測し、福島原発の危険性を見抜いた予言の書でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 地球の一点から-社会と政治(東南アジアからの花嫁と学問
  • 天皇重態の異常報道ぶり ほか)
  • 2 歴史認識(歴史認識としての言葉
  • 近代日本と台湾-第一回日台シンポジウムを企てて ほか)
  • 3 非核自治体と脱原発(ヨーロッパの非核自治体運動
  • 非核ヨーロッパへ-東独・非核兵器地帯国際連絡会議に出席して ほか)
  • 4 文学と思想(今こそ大ロマンを!
  • 可能性としての古都-大説『京都』を! ほか)
  • 5 追悼と回想(井伏鱒二-遺された宿題
  • 王承礼-渤海を今に重ねて ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローカル的思考
著作者等 西田 勝
書名ヨミ グローカルテキ シコウ
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2011.6
ページ数 348p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-46013-5
NCID BB05790003
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21974949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想