チーム医療と看護 : 専門性と主体性への問い

川島みどり 著

「特定看護師(仮称)」はチーム医療を推進するか?「チーム医療」とは、看護とは、看護師は何をする人か。本当の看護の専門性は何かを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 チーム医療における看護の専門性(チーム医療とは何か
  • 看護の役割拡大は看護の自立への道か-技術論からのアプローチ
  • チーム医療における看護の主体性
  • 看護を支える人たちとの協働)
  • 2 診療行為と看護の役割をめぐって(医師不足を肩代わりすることが看護のこれからの道か
  • 医師の仕事の委譲に伴う策略と願望
  • 診療の補助業務について)
  • 3 療養上の世界をめぐる問題(保助看法再考
  • 現状を変える力となる"看護の喜び"
  • ジェネラリストとしての看護師
  • 看護の本質を織るアメリカの優れたナースたち)
  • 資料編(看護の専門職性をめぐる問題とその専門分化の方向
  • 医療・看護の眼でとらえる'80年代)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チーム医療と看護 : 専門性と主体性への問い
著作者等 川島 みどり
書名ヨミ チーム イリョウ ト カンゴ : センモンセイ ト シュタイセイ エノ トイ
書名別名 Chimu iryo to kango
出版元 看護の科学社
刊行年月 2011.4
ページ数 139p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87804-052-8
NCID BB0578531X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22000121
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想