かけ算には順序があるのか

高橋誠 著

小学校の算数で「6人に4個ずつミカンを配ると、何個必要ですか」という問題に、6×4=24という式を書くとバツにされる。かける順序は本来どちらでもよいはず。あらためてかけ算の意味や考え方、その歴史をみてみると、意外にも奥深いものが秘められていた。算数の始まりから見えてくる数や量の世界をわかりやすく紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 4×6と6×4は違うのか(かけ算の式の順序が違うとバツになる
  • 今の「かけ算」の教え方
  • 昔の「かけ算」の教え方 ほか)
  • 第2章 九九の来た道(文科省が九九の表から期待していること
  • 九九の表を見直す
  • 「総九九」と「半九九」 ほか)
  • 第3章 なぜ2時から5時までは3時間で、2日から5日までは4日間なのか(10の真ん中は5なのか
  • 2時から5時までは3時間、2日から5日までは4日間
  • 時の流れは分離量か連続量か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 かけ算には順序があるのか
著作者等 高橋 誠
書名ヨミ カケザン ニワ ジュンジョ ガ アルノカ
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 180
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.5
ページ数 118p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029580-2
NCID BB05749815
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21945804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想