絵を用い、絵を創る : 日本絵画における先行図様の利用

馬渕美帆 著

洛中洛外図、高雄観楓図、難福図巻を例に、日本の絵が、過去の図様をいかに多彩に利用して創造されてきたのかを、縦横に論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歴博乙本"洛中洛外図"研究(洛中洛外図の制作方法-図様の利用と創出
  • 歴博乙本"洛中洛外図"研究序章 ほか)
  • 第2章 狩野秀頼筆"高雄観楓図"研究(謎に満ちた遊楽図へのアプローチ
  • 先行図様の利用 ほか)
  • 第3章 円山応挙筆"難福図巻"研究(恵まれた資料群
  • 祐常の構想 ほか)
  • 第4章 日本絵画における先行図様の利用(図様の利用の多様さをめぐって
  • 絵画作品の基本構造 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵を用い、絵を創る : 日本絵画における先行図様の利用
著作者等 馬渕 美帆
書名ヨミ エ オ モチイ エ オ ツクル : ニホン カイガ ニ オケル センコウ ズヨウ ノ リヨウ
書名別名 E o mochii e o tsukuru
出版元 ブリュッケ : 星雲社
刊行年月 2011.4
ページ数 353p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-434-15485-0
NCID BB05748732
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21926539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想