記憶する道具 : 生活/人生ナビゲータとしてのライフログ・マシンの誕生

美崎薫 著

米国防総省もマイクロソフトも一度は投げ出した「ライフログ」にたった一人で挑み、実践し続ける男。彼は何を考え、そしてなぜ「全人生記録のための道具」をつくり続けるのか?-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第ゼロ賞
  • 第1章 全人生記録システムの未来-「テクノロジーで記憶を拡張する」
  • 第2章 人間の拡張
  • 第3章 記憶とはなんなのか
  • 第4章 ツールによって記憶はどう拡張されたか
  • 第5章 意識を記録するツール
  • 第6章 完成した全人生記録システムがもたらすもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記憶する道具 : 生活/人生ナビゲータとしてのライフログ・マシンの誕生
著作者等 美崎 薫
書名ヨミ キオクスル ドウグ : セイカツ ジンセイ ナビゲータ ト シテノ ライフ ログ マシン ノ タンジョウ
書名別名 Kiokusuru dogu
出版元 NTT
刊行年月 2011.4
ページ数 282p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7571-0305-4
NCID BB05741686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21927412
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想