日本近世の宗教と社会

菅野洋介 著

[目次]

  • 本研究の位置
  • 第1編 南奥州における宗教と在地社会(奥州信達地域における惣社制の形成-地方神職の動向を中心に
  • 近世中後期における惣社制を支えた人々-伊達郡小手地域の修験を中心に ほか)
  • 第2編 関東における修験と在地社会(本山派修験の活動と真言・禅宗寺院
  • 関東における本山派修験の存立事情-祭道公事論の再検討を通じて ほか)
  • 第3編 民衆宗教の展開と近世国家(関東における富士信仰の展開と幕府権威-天台勢力のあり方を中心に
  • 民衆宗教と本所権威-富士・木曾御嶽信仰をめぐって)
  • 結語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本近世の宗教と社会
著作者等 菅野 洋介
書名ヨミ ニホン キンセイ ノ シュウキョウ ト シャカイ
書名別名 Nihon kinsei no shukyo to shakai
出版元 思文閣
刊行年月 2011.4
ページ数 352, 16p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7842-1572-0
NCID BB05738750
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21940455
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想