風土の万葉集

高岡市万葉歴史館 編

万葉の一首一首をその風土に還元して、古代人の心を読み解く。奈良、摂津・難波、紀伊、伊勢、山城、近江、東海、東国、瀬戸内、筑紫、山陰、越中等、12の地域をとりあげ、各々の故地ゆかりの万葉歌人や万葉歌について探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 万葉集の「風土」と大和の風土
  • 神亀二年難波行幸の風土
  • 妹の来た道-紀ノ川流域の万葉風土
  • 伊勢萬集-その特質
  • 山城国の歌
  • 近江の風土-宇宙に名有る地なり
  • 尾張三河の万葉歌-古東海道の海路を中心に
  • 東国-渡来系の開拓者たち
  • 猪名川の沖を深めて
  • 筑紫島のまつろわぬ国-隼人の夜声・肥人の染木綿
  • 風土圏「山陰」の実体
  • 立山の雪・弥彦の歌

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風土の万葉集
著作者等 佐藤 隆
坂本 信幸
垣見 修司
小野 寛
広岡 義隆
影山 尚之
新谷 秀夫
村田 右富実
梶川 信行
田中 夏陽子
鈴木 景二
関 隆司
高岡市万葉歴史館
書名ヨミ フウド ノ マンヨウシュウ
シリーズ名 万葉集 14
高岡市万葉歴史館論集 14
出版元 笠間書院
刊行年月 2011.3
ページ数 382p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-305-00244-0
NCID BB05732040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21941424
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想