天皇の歴史  05巻

藤井 讓治【著】

天下布武を目指す信長と正親町天皇の虚々実々の駆け引きとは。本能寺の変後、権力を掌握し、朝鮮出兵に続き皇居の北京移転まで決めた秀吉を後陽成天皇はどう思い止まらせようとしたか。家康・秀忠の強権に悲憤慷慨した後水尾天皇の胸中など、日記、宸翰の史料を駆使し、天下人と対峙した天皇の実像を克明に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-正親町天皇のキリシタン禁令
  • 第1章 義昭・信長の入京
  • 第2章 正親町天皇と信長
  • 第3章 天下人秀吉の誕生
  • 第4章 後陽成天皇と朝鮮出兵
  • 第5章 後陽成・後水尾天皇と家康
  • エピローグ-「権現」か「明神」か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇の歴史
著作者等 藤井 譲治
藤井 讓治
書名ヨミ テンノウ ノ レキシ
書名別名 天皇と天下人

Tenno no rekishi
巻冊次 05巻
出版元 講談社
刊行年月 2011.5
ページ数 366p
大きさ 20cm
付随資料 1枚.
ISBN 978-4-06-280735-7
NCID BB05719927
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21942626
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
天皇と天下人 藤井讓治
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想