文科の継承と展開 : 都留文科大学国文学科50周年記念論文集

都留文科大学国文学科 編

[目次]

  • 1(伝後伏見院筆広沢切
  • 庄野潤三と富士正晴(1)-未発表の富士宛庄野書簡70通をめぐって
  • 藤原宇合と高橋虫麻呂作歌)
  • 2(都留文科大学附属図書館蔵『伊勢物語』について-紹介と書入注の国語学的小考
  • 江戸中期洞門系「講義録」の一文体-駒澤大学図書館蔵『碧巌百則着語辨注』から
  • 続「なまよみの甲斐」考 ほか)
  • 3(平家物語における対称の代名詞「君」の用法-特異な用例の検討・覚一本に拠る
  • 八代集の「詞書」の語彙について
  • 『徒然草』の作者が目指したもの-『徒然草』の構成から見る ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文科の継承と展開 : 都留文科大学国文学科50周年記念論文集
著作者等 都留文科大学
都留文科大学文学部
都留文科大学国文学科
書名ヨミ ブンカ ノ ケイショウ ト テンカイ : ツル ブンカ ダイガク コクブン ガッカ 50シュウネン キネン ロンブンシュウ
書名別名 Bunka no keisho to tenkai
出版元 勉誠
刊行年月 2011.3
ページ数 607p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-29014-8
NCID BB05719891
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21933984
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想