戦国誕生 : 中世日本が終焉するとき

渡邊大門 著

空洞化する将軍・天皇・守護職、激化する応仁・文明の乱。激動の15世紀半ばを活写する。幕府と朝廷の体制はいかに崩壊したか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 資質なき将軍の肖像-八代将軍足利義政の誕生
  • 第2章 将軍権力の行方-暗躍する守護・近臣たち
  • 第3章 天皇の苦悩-下降する朝廷権威
  • 第4章 応仁・文明の乱と分裂する幕府-本格化する戦国
  • 第5章 守護職を求める人びと-戦国的実力支配の展開
  • 第6章 明応の政変そして戦国へ-中世日本の解体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦国誕生 : 中世日本が終焉するとき
著作者等 渡邊 大門
書名ヨミ センゴク タンジョウ : チュウセイ ニホン ガ シュウエンスル トキ
シリーズ名 講談社現代新書 2106
出版元 講談社
刊行年月 2011.5
ページ数 275p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288106-7
NCID BB05700292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21941792
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想