強毒型インフルエンザ

岡田晴恵 著

鳥インフルエンザの災禍が日本の各地で静かに進行している。問題の本質は、今後鳥だけにとどまらず、鳥ウイルスが遺伝子の突然変異を起こして、人の中で流行する人型ウイルスに変化して世界的大流行(パンデミック)を起こすことにある。鳥型から人型に徐々に変化しつつある兆候も認められており、いつ強毒型の新型インフルエンザに転じてもおかしくない。危機は本当に去ったのか。どれほどの健康被害、社会的影響があるのか。強毒型インフルエンザの現状を分析し、その行方を探り、対処法をまとめた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鳥インフルエンザはなぜ蔓延しているのか
  • 第2章 ゼロからわかるインフルエンザウイルス
  • 第3章 新型インフルエンザにどう対処するのか?
  • 第4章 病原性別インフルエンザの傾向と対策
  • 第5章 感染予防と自宅療養の準備
  • 第6章 歴史から見たインフルエンザウイルス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 強毒型インフルエンザ
著作者等 岡田 晴恵
書名ヨミ キョウドクガタ インフルエンザ
シリーズ名 PHP新書 735
出版元 PHP研究所
刊行年月 2011.5
ページ数 250p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-79692-5
NCID BB05699273
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21939430
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想