日本の食糧が危ない

中村靖彦 著

日本経済の見通しが不透明な中で、中国を始めとする新興国の需要増等で穀物価格が高騰し、食糧不足が目前に迫っている。輸入大国日本はこのままでいいのか?農政の目玉政策といわれる「戸別所得補償制度」や自給率向上のための飼料用コメの開発について検証しながら、TPPへの対処など真の食糧安保のために必要な政策を提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 野菜畑は中国人ばかり
  • 第1章 戸別所得補償制度と日本農業
  • 第2章 試論・農地は公有化すべし
  • 第3章 食料自給率論争の不毛
  • 第4章 世界の食を呑み込む中国
  • 第5章 鍵は餌にあり-その1コメは救世主になるか
  • 第6章 鍵は餌にあり-その2エコフィードの将来は?
  • 第7章 無防備国家・日本
  • 第8章 貿易の自由化と食料安保は両立するか?
  • 第9章 メディアのあり方を問う
  • 終章 飢餓から飽食、そして未来は?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の食糧が危ない
著作者等 中村 靖彦
書名ヨミ ニホン ノ ショクリョウ ガ アブナイ
シリーズ名 岩波新書 新赤版1309
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.5
ページ数 234p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431309-0
NCID BB05699036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21945466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想