吉本隆明と柄谷行人

合田正人 著

戦後日本の思想界をリードし、いまなお多大な影響を与えつづけている吉本隆明と柄谷行人の思想を読み解く。二人は互いに真っ向から批判を応酬していたが、思索の領域は驚くほど通底し、重なり合っていたのではないか。個とは何か、意味とは何か、システムとは何か-吉本の三大著作『言語にとって美とはなにか』『共同幻想論』『心的現象論』を読み解き、『隠喩としての建築』『探究1・2』『トランスクリティーク』などから柄谷行人の試みを丹念に追う。いまなお仰ぎ見られる現代思想の可能性、限界に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 思考の地殻変動(集合論パラドクス
  • ウエットな構造 ほか)
  • 第2章 個体とは何か(個人と社会
  • 生命・原生的疎外・幻想 ほか)
  • 第3章 意味とは何か(言語における意味と価値
  • 見誤られたソシュール? ほか)
  • 第4章 システムとは何か(「共同幻想」批判の星座
  • 『共同幻想論』は何を語っているのか ほか)
  • 終章 倫理とは何か-愛も正義もないところで(不可欠だが不可能な倫理
  • 関係の絶対性-『マチウ書試論』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吉本隆明と柄谷行人
著作者等 合田 正人
書名ヨミ ヨシモト タカアキ ト カラタニ ユキト
シリーズ名 PHP新書 733
出版元 PHP研究所
刊行年月 2011.5
ページ数 313p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-79431-0
NCID BB05698554
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21939429
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想