認知文法論序説

ロナルド・W.ラネカー 著 ; 山梨正明 監訳

認知言語学の黎明期から現在に至るまで言語学の第一線で活躍しているロナルド・ラネカーが認知言語学の研究プログラムを包括的かつ体系的に解説したCognitive Grammar:A Basic Introduction(2008)の翻訳。ラネカーの認知言語学の単著の翻訳としては本邦初。日本人研究者待望の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 予備知識(序
  • 概念意味論 ほか)
  • 2 基礎編(文法クラス
  • 主要な下位クラス ほか)
  • 3 構造(グラウンディング
  • 名詞類構造 ほか)
  • 4 最前線(談話
  • 人間と世界のコミュニケーション)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知文法論序説
著作者等 Langacker, Ronald W
Langacker, Ronald W.
中野 研一郎
児玉 一宏
大谷 直輝
安原 和也
山梨 正明
木原 恵美子
深田 智
碓井 智子
ラネカー ロナルド・W.
書名ヨミ ニンチ ブンポウロン ジョセツ
書名別名 Cognitive grammar
出版元 研究社
刊行年月 2011.5
ページ数 776p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-327-40158-0
NCID BB05698055
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21930567
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想