舞踊学の現在 : 芸術・民族・教育からのアプローチ

遠藤保子, 細川江利子, 高野牧子, 打越みゆき 編著

[目次]

  • 1 舞踊と芸術(アレクサンドル・サカロフの舞踊-20世紀初頭ヨーロッパにおける舞踊と美術の接近
  • ジョージ・バランシン論-プロットレス・バレエを可能としたもの
  • 新しい舞踊を求めて-帝劇歌劇部から生まれたモダンダンス草創たち ほか)
  • 2 舞踊と民族(無形文化遺産の枠組みにおける舞踊-「人類の口承及び無形遺産の傑作宣言」の案件を中心に
  • 今日のアフリカにおける舞踊の伝承と保存-ナイジェリアの国立舞踊団を事例として
  • 舞と武の融合のかたち-南インドのマーシャルアーツ、カラリパヤット ほか)
  • 3 舞踊と教育(幼児と保護者を対象とした身体表現の指導構造-LABAN「Movement Play」コースの観察調査を手がかりにして
  • 保育実践に見られる保育者の育ち-3年間にわたる身体表現の園内研修から
  • 「ダンス・サーキット」による小学校の表現授業実践 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 舞踊学の現在 : 芸術・民族・教育からのアプローチ
著作者等 打越 みゆき
細川 江利子
遠藤 保子
高野 牧子
書名ヨミ ブヨウガク ノ ゲンザイ : ゲイジュツ ミンゾク キョウイク カラノ アプローチ
書名別名 Buyogaku no genzai
出版元 文理閣
刊行年月 2011.3
ページ数 317p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89259-653-7
NCID BB05690202
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21944481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想