探偵小説と叙述トリック : ミネルヴァの梟は黄昏に飛びたつか?

笠井潔 著

作者が文章的に仕掛けた、読者の認識の錯誤を利用し、読後の衝撃を大きくする、"叙述トリック"というテクニック。アガサ・クリスティー『アクロイド殺し』を筆頭に、探偵小説において何度となく使われてきたこのテクニックに焦点をあて、探偵小説における叙述トリックの必然性を描きだす。「本格ミステリ評論」を題材に行なった巽昌章、法月綸太郎との公開鼎談も収録した、十年にわたって雑誌連載し、三十回分ずつ単行本化されてきた評論の掉尾を飾る一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-第三の波の精神史
  • 1 第三の波/最後の定点観測
  • 2 言い落としと近代小説の亀裂
  • 3 探偵小説と詭計的な語り
  • 4 叙述トリックと探偵小説の無底性
  • 5 戦後探偵小説と叙述トリック
  • 鼎談 探偵小説批評の10年(笠井潔
  • 巽昌章
  • 法月綸太郎)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 探偵小説と叙述トリック : ミネルヴァの梟は黄昏に飛びたつか?
著作者等 笠井 潔
書名ヨミ タンテイ ショウセツ ト ジョジュツ トリック : ミネルヴァ ノ フクロウ ワ タソガレ ニ トビタツカ
シリーズ名 Key library
出版元 東京創元社
刊行年月 2011.4
ページ数 342p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-488-01531-2
NCID BB05689305
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21935992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想