心はどこまで脳なのだろうか

兼本浩祐 著

[目次]

  • 心とは脳だろうか
  • あるピアニストの事例-心が体に置き換えられる
  • ある老画家の事例-脳が心を支配する
  • 外因・内因・心因-神経回路網としての心と内因性精神疾患
  • デカルト的二元論
  • 連合型視覚失認の事例-名づけられることの前と後
  • 同じものが同じであることの奇跡
  • イデア論再考
  • ヤンツ教授の最終講義-てんかんとは「学習過程」"Lernprozess"である
  • 心は計算式に置き換えられるか
  • 犬がもし操作的に診断されたとしたら
  • プライミングとジョン・ヒューリングス・ジャクソン
  • 心は開かれた形で生まれ、後に閉じることを学ばれる-並列処理の直列化
  • フロイトの無意識とは何か
  • 漢方治療と官能的身体
  • 精神分析における心的装置-それはたぶん脳の外に跨っている
  • スピノザの幸福とデカルトの不幸

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心はどこまで脳なのだろうか
著作者等 兼本 浩祐
池田 学
河村 満
山鳥 重
書名ヨミ ココロ ワ ドコマデ ノウ ナノダロウカ
シリーズ名 神経心理学コレクション
出版元 医学書院
刊行年月 2011.5
ページ数 200p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-260-01330-7
NCID BB05686861
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21947786
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想