柳宗元詩選

柳宗元 著 ; 下定雅弘 編訳

中唐の詩人柳宗元は、政治改革を主導した廉で南方の僻遠の地に左遷される。蹉跌に懊悩する心を鎮めてくれたのは、貶謫の地の自然だった。山水に心を癒し、花木の美に己れの矜持を重ねる。稀有な詩人は窮境を乗り越え、遂に人間の真実に至る。魂の遍歴を綴る詩篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 永州の詩(山水の詩
  • 花木の詩
  • 望郷の詩
  • 詠史の詩
  • 友を思う詩
  • 陶淵明への敬慕
  • その他)
  • 第2章 北還の詩
  • 第3章 南逐の詩
  • 第4章 柳州の詩

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 柳宗元詩選
著作者等 下定 雅弘
柳 宗元
書名ヨミ リュウ ソウゲン シセン
書名別名 Ryu sogen shisen
シリーズ名 岩波文庫 32-043-1
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.5
ページ数 338p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-320431-3
NCID BB05677678
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21948624
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想