ラー油とハイボール : 時代の空気は「食」でつかむ

子安大輔 著

「食」に関する様々な現象を読み解くと、人々の心理的変化が見えてくる。ハイボールはなぜ大ヒットしたのか。「食べるラー油」を生み出した、「ずらし」の発想とは何か。飲み放題で店が儲かる仕組みとは-飲食業界のコンサルタントとして活躍する著者によるクリアーな分析から次々浮かび上がるのは、あらゆるビジネスに通じるロジックと発想法である。おいしくておもしろい、舌と脳に爽快な刺激を与える一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「時代の空気」は「食」でつかむ(ハイボールがヒットした本当の理由
  • 「奇跡のリンゴ」とAKB48の共通点とは ほか)
  • 第2章 「明日のビジネス」は食欲から生まれる(千葉県の名産品って何?
  • モロッコにあってタンザニアにないもの ほか)
  • 第3章 飲食店のメカニズムを見抜く(飲み放題はなぜ儲かるのか
  • 鍋は店にとってもおいしい ほか)
  • 第4章 思考停止しないために(「食べながらダイエットできる」というウソ
  • コラーゲンで美肌という幻想 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラー油とハイボール : 時代の空気は「食」でつかむ
著作者等 子安 大輔
書名ヨミ ラーユ ト ハイボール : ジダイ ノ クウキ ワ ショク デ ツカム
シリーズ名 新潮新書 418
出版元 新潮社
刊行年月 2011.5
ページ数 187p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610418-3
NCID BB0565332X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21939296
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想