中国が沖縄を獲る日

黄文雄 著

二〇一〇年の尖閣諸島沖衝突事件であらわとなった中国の対日強硬姿勢。東シナ海の石油・天然ガスの開発を巡る緊張状態のうえに、さらには「沖縄は中国の領土だ」と主張、韓国やフィリピンなどの南シナ海諸国とも次々に争いを起こしている。職業的反日運動を行う「新華僑」が尖閣諸島を包囲・上陸するという「千船保釣」宣言も出されているいま、無防備な日本人が知らない"中国の領土拡張・海洋進出政策"の真の狙いとは何か、日本はどのように対処していくべきかを、鋭い筆法で評論活動を続ける著者があばく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 尖閣ばかりか沖縄まで固有領土と主張する中国(尖閣ショックが提起したさまざまな問題
  • 尖閣諸島が固有の領土という中国の根拠 ほか)
  • 第2章 権謀術数の中国に騙されるな(恫喝外交は中国の常套手段
  • 歴史捏造は中国の得意技 ほか)
  • 第3章 軍事力と経済力で世界の覇権を狙う中国(世界第二位に躍り出た経済大国・中国
  • 世界中の資源を漁る中国 ほか)
  • 第4章 日本は中国にどう対処していけばいいのか(「反日」強硬派でないと中国を治められない
  • 内憂外患を抱える中国 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国が沖縄を獲る日
著作者等 黄 文雄
書名ヨミ チュウゴク ガ オキナワ オ トル ヒ
書名別名 Chugoku ga okinawa o toru hi
シリーズ名 ワニブックス〈plus〉新書 051
出版元 ワニ・プラス : ワニブックス
刊行年月 2011.4
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8470-6034-2
NCID BB05650092
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21927803
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想