最後の戦犯死刑囚 : 西村琢磨中将とある教誨師の記録

中田整一 著

責めに生き責めに死するは長たらむ人の途なり憾やはする-昭和二十六年六月十一日、赤道直下のマヌス島。オーストラリア軍による戦犯裁判で死刑判決を受け、無実の罪を背負い死んでいった元近衛師団長、西村琢磨中将。その最期を見届けた教誨師の手記を軸に知られざる悲劇を掘り起こす鎮魂の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-作家・角田房子の遺志
  • 第1章 処刑前夜
  • 第2章 軍人としての栄光と挫折
  • 第3章 マヌス島裁判
  • 第4章 嘆願
  • 第5章 セカンド・タイガー
  • 第6章 死刑台
  • エピローグ-最後の朝

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最後の戦犯死刑囚 : 西村琢磨中将とある教誨師の記録
著作者等 中田 整一
書名ヨミ サイゴ ノ センパン シケイシュウ : ニシムラ タクマ チュウジョウ ト アル キョウカイシ ノ キロク
シリーズ名 平凡社新書 585
出版元 平凡社
刊行年月 2011.5
ページ数 262p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85585-2
NCID BB05649796
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21946770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想