若者を見殺しにする国

赤木智弘 著

過剰な若者バッシングへの不満。年収130万円で生活する不安。「自己責任」の一言で思考を停止させ、さまざまな格差を固定化する社会への違和感。執筆時31歳だった著者が、フリーターの立場から「無縁社会化」など2010年代の日本の論点を看破した評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 強大な敵としての俗流若者論
  • 第2章 私は主夫になりたい
  • 第3章 「『丸山眞男』をひっぱたきたい」ができるまで
  • 第4章 私が戦争を希望する理由
  • 第5章 どうすれば貧困層を救か出せるのか
  • 第6章 「思いやりのある社会」への希望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 若者を見殺しにする国
著作者等 赤木 智弘
書名ヨミ ワカモノ オ ミゴロシ ニ スル クニ
シリーズ名 朝日文庫 あ54-1
出版元 朝日新聞
刊行年月 2011.5
ページ数 382p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-02-264606-4
NCID BB05643472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21938140
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想