議論の技法

スティーヴン・トゥールミン 著 ; 戸田山和久, 福澤一吉 訳

[目次]

  • 序論
  • 第1章 議論の場と様相(議論の諸局面
  • 不可能性と不適切性 ほか)
  • 第2章 蓋然性(分かっている、約束するよ、多分
  • ありそうにない。しかし、真実である ほか)
  • 第3章 論証のレイアウト(論証のパターン-データと根拠
  • 論証のパターン-論拠を裏づける ほか)
  • 第4章 実践的な論理と理想化された論理(仮説とその帰結
  • 仮説の検証 ほか)
  • 第5章 認識論理論の起源(私たちの仮説のさらなる帰給
  • 実質的論証を救い出すことはできるか?(1)超越論的哲学 ほか)
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 議論の技法
著作者等 Toulmin, Stephen
戸田山 和久
福沢 一吉
福澤 一吉
トゥールミン スティーヴン
書名ヨミ ギロン ノ ギホウ : トゥールミン モデル ノ ゲンテン
書名別名 The uses of argument.updated.ed

トゥールミンモデルの原点

Giron no giho
出版元 東京図書
刊行年月 2011.5
ページ数 389p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-489-02094-0
NCID BB05639624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21937855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想