王妃マリー・アントワネット美の肖像

[南川三治郎] [写真]

神聖ローマ帝国のハプスブルク家皇女から、ブルボン王朝フランス王妃へ。歴史の奔流にのまれ、革命の露と消えた王妃マリー・アントワネット。誰よりも優雅を愛したその美の肖像と、数々の歴史遺産を巡る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 永遠の美の刻印 マリー・アントワネットの肖像(マリー・アントワネット-宮廷肖像画の美学
  • ヴィジェ・ルブラン、王妃に愛された女性画家)
  • 2 世紀の花嫁 マリー・アントワネットの婚礼街道
  • 3 王妃の美の城館 ヴェルサイユとプチ・トリアノン
  • 4 王妃の嗜好その美の遺産(マリー・アントワネットと音楽
  • 王妃が優雅に奏で、歌ったヴェルサイユの調べ
  • 王妃の牽引したモード
  • ロココの光と影-マリー・アントワネットと同時代のヘアモード&メークアップ
  • マリー・アントワネットと同時代の香り-手袋・扇・香水
  • 王妃が好んだ家具とインテリア
  • 王妃の華麗なる食卓)
  • 5 マリー・アントワネット 心の軌跡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 王妃マリー・アントワネット美の肖像
著作者等 南川 三治郎
家庭画報
書名ヨミ オウヒ マリー アントワネット ビ ノ ショウゾウ
書名別名 Ohi mari antowanetto bi no shozo
出版元 世界文化社
刊行年月 2011.3
ページ数 127p
大きさ 28cm
ISBN 978-4-418-11218-0
NCID BB05622825
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21932819
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想