北京のアダム・スミス : 21世紀の諸系譜

ジョヴァンニ・アリギ 著 ; 中山智香子 監訳

東アジアのGDPは、19世紀半ばまで西洋を圧倒していた。しかしアヘン戦争以降、世界は、西洋が覇権を握る「大いなる分岐」を迎えた。ところが、経済学の祖アダム・スミスは『国富論』で「西洋と東洋の力の差は、いずれ消滅するだろう」と予言している。本書は、スミスの経済発展理論を、マルクスやシュンペーターとも比較しながら再評価し、アメリカの"終末的危機"と中国の興隆のダイナミズムを、壮大な歴史的視野の中から分析したものである。西洋国家システムの弱体化、東アジアの経済的復興によるグローバル市場社会の構築という、新たな"世界システム"が大胆に展望される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 アダム・スミスと新しいアジアの時代(デトロイトのマルクスと北京のスミス
  • アダム・スミスの歴史社会学 ほか)
  • 第2部 グローバルな乱流を追跡する(グローバルな乱流の経済学
  • グローバルな乱流の社会的ダイナミズム ほか)
  • 第3部 解体するヘゲモニー(ヘゲモニーなき支配
  • 史的資本主義の領土的論理 ほか)
  • 第4部 新アジア時代の系譜(「平和的台頭」の挑戦
  • 国家、市場、資本主義、そして東と西 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北京のアダム・スミス : 21世紀の諸系譜
著作者等 Arrighi, Giovanni
上野 友也
中山 智香子
和田 賢治
大槻 忠史
太田 悠介
小川 昴子
山下 範久
山口 治男
平田 周
アリギ ジョヴァンニ
書名ヨミ ペキン ノ アダム スミス : 21セイキ ノ ショケイフ
書名別名 Adam Smith in Beijing

Pekin no adamu sumisu
シリーズ名 国富論
出版元 作品社
刊行年月 2011.4
ページ数 673p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86182-319-0
NCID BB05614634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21935487
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想