韓国は一個の哲学である : 〈理〉と〈気〉の社会システム

小倉紀蔵 著

「韓国に関する認識は最終的に解決された」。韓国人が垣間見せる理の顔と感情の顔、その乖離は何に由来するのか。儒教(朱子学)に基づく"理"と"気"の世界観を軸に、著者独自の「統一理論」で韓国人の思考や行動原理、そして韓国社会のメカニズムをあざやかに読み解いてゆく。思想史や歴史的経緯までも踏まえた、正しい韓国理解のための必読の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 0 韓国・道徳志向的な国
  • 1 上昇への切望-"理"志向性のしくみ
  • 2 "理"と"気"の生活空間
  • 3 "理"と"気"の文化体系
  • 4 "理"と"気"の社会構造
  • 5 "理気"の経済・政治・歴史
  • 6 "理気"と世界・日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国は一個の哲学である : 〈理〉と〈気〉の社会システム
著作者等 小倉 紀蔵
書名ヨミ カンコク ワ 1コ ノ テツガク デ アル : リ ト キ ノ シャカイ システム
シリーズ名 講談社学術文庫 2052
出版元 講談社
刊行年月 2011.5
ページ数 261p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292052-0
NCID BB05604481
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21941154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想