グラハム・ベル : 声をつなぐ世界を結ぶ

オーウェン・ギンガリッチ 編 ; ナオミ・パサコフ 著 ; 近藤隆文 訳

1922年、電話の発明者ベルを追悼して合衆国の全電話サービスが1分間停止され、エジソンが「亡き友の世界的に有名な発明は、時間と空間を消滅させ、人類がより緊密に連絡できるようにした」と語った。自らは聴覚障害者と耳の聞こえる人たちとの交流を阻む壁を破ることを目標にかかげていたベルの業績と生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 科学的研究の下地
  • 第2章 偉大な発見や発明は…小さなものを観察することから生まれる
  • 第3章 あらがいようもなく電話のほうへ
  • 第4章 世界がねらう標的
  • 第5章 科学…あらゆるもののなかで最高のもの
  • 第6章 わたしのライフワーク…聴覚障害者に話し方を教えること
  • 第7章 飛行機の時代はすぐそこに
  • 第8章 これを仕上げるためにまだ何年も生きていたい

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グラハム・ベル : 声をつなぐ世界を結ぶ
著作者等 Gingerich, Owen
Pasachoff, Naomi E
Pasachoff, Naomi E.
近藤 隆文
Pasachoff Naomi
パサコフ ナオミ
ギンガリッチ オーウェン
書名ヨミ グラハム ベル : コエ オ ツナグ セカイ オ ムスブ
書名別名 Alexander Graham Bell
シリーズ名 オックスフォード科学の肖像
出版元 大月書店
刊行年月 2011.4
ページ数 176, 9p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-272-44060-3
NCID BB05603037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21929945
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想