帝政期のウラジオストク : 市街地形成の歴史的研究

佐藤洋一 著

[目次]

  • 第1章 ロシア極東植民都市の初期市街地計画における空間条件
  • 第2章 帝政期におけるウラジオストク市街地骨格の形成
  • 第3章 中心市街地における各国人の居留とその空間展開-20世紀初頭国際都市の実相
  • 第4章 旧セミョーノフスキーバザール周辺における街区形態の形成と変容
  • 第5章 スヴェトランスカヤ通り沿道における都市空間の形成と変容
  • 第6章 1920年代初頭を中心とした日本人の居留空間-『浦潮日報』を主な史料として
  • 第7章 ウラジオストク中心市街地の史的意義
  • 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝政期のウラジオストク : 市街地形成の歴史的研究
著作者等 佐藤 洋一
書名ヨミ テイセイキ ノ ウラジオストク : シガイチ ケイセイ ノ レキシテキ ケンキュウ
書名別名 Teiseiki no urajiosutoku
シリーズ名 早稲田大学学術叢書 10
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 2011.3
ページ数 447p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-657-11702-1
NCID BB05600130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21931614
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想