兵学者吉田松陰 : 戦略・情報・文明

森田吉彦 著

尊王攘夷に短い生涯を奉げた維新の先覚者・吉田松陰。戦略・情報・文明が一体となった独自の『孫子』読解から浮かびあがる、この国の選択とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 少年時代の危機意識
  • 第2章 兵学修行と「情報活動」
  • 第3章 必戦論と下田踏海
  • 第4章 兵学から日本文明論へ
  • 第5章 『孫子評註』の戦略・情報理論
  • 第6章 対外論の転回と『孫子』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 兵学者吉田松陰 : 戦略・情報・文明
著作者等 森田 吉彦
書名ヨミ ヘイガクシャ ヨシダ ショウイン : センリャク ジョウホウ ブンメイ
シリーズ名 ウェッジ選書 40
出版元 ウェッジ
刊行年月 2011.3
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86310-082-4
NCID BB05592371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21924133
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想