日本復興計画

大前研一 著

今ほど日本人にとって、全体の冷静な事実認識と、そのうえにたった短期・長期双方の見通しが望まれているときはないだろう。2011年3月11日、日本を襲ったマグニチュード9.0の地震とそれに続いた大津波、それによる居住区の破壊、工場群の被災、インフラの破断、そして福島第一原発のチェルノブイリ原発事故に並ぶレベル7の災害。この本は、これらの危機・破壊がなぜ起こったかという事実認識と、そのうえにたった短期・長期の復興の道筋を考えてみようというものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 これで原子力の時代は終わった
  • 第2章 三分の二に縮小する生活
  • 第3章 日本復興計画

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本復興計画
著作者等 大前 研一
書名ヨミ ニホン フッコウ ケイカク
書名別名 Japan;The Road to Recovery
出版元 文藝春秋
刊行年月 2011.4
ページ数 126p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-374220-5
NCID BB05582345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21940479
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想