日本の原発危険地帯

鎌田慧 著

世界を震撼させた原発パニック。町はなぜ原発を受け入れたのか。そこで何が起きたのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 原発先進地の当惑-福井
  • 2 金権力発電所の周辺-伊方
  • 3 原発銀座の沈黙-福島
  • 4 抵抗闘争の戦跡-柏崎
  • 5 政治力発電所の地盤-島根
  • 6 原子力半島の抵抗-下北
  • 7 1988年、下北半島の表情
  • 8 核の生ゴミ捨て場はどこに?-人形峠、東濃鉱山、幌延
  • 9 住民投票の勝利、1996年8月-巻町

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の原発危険地帯
著作者等 鎌田 慧
書名ヨミ ニホン ノ ゲンパツ キケン チタイ
書名別名 日本の原発地帯
出版元 青志社
刊行年月 2011.4
ページ数 337p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-905042-17-4
NCID BB05575281
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22005716
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想