源頼朝の真像

黒田日出男 著

著名な神護寺の伝源頼朝像は足利直義だった。では、本当の頼朝の顔はどんなものか。どこにあるのか。現存する頼朝像の多くが江戸時代の写しであるのに対し、甲斐善光寺の源頼朝像は違う。その胎内銘の解読でわかった衝撃の事実。この像は妻北条政子の命によって制作された鎌倉前期=13世紀初期の源頼朝像だった。綿密な肖像分析と胎内銘解読による歴史推理のはてに、ついにたどりついた真の頼朝像発見のドラマを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 源頼朝像の探究
  • 第1章 現存する源頼朝の肖像
  • 第2章 東博蔵伝源頼朝像は北条時頼像
  • 第3章 甲斐善光寺の源頼朝像
  • 第4章 信濃善光寺と源頼朝
  • 第5章 善光寺と源頼朝像の調査
  • 第6章 胎内銘解読の歩み
  • 第7章 胎内銘が語る源頼朝像の造立
  • 第8章 源実朝像と肖似性
  • エピローグ 真の源頼朝像と源実朝像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源頼朝の真像
著作者等 黒田 日出男
書名ヨミ ミナモト ノ ヨリトモ ノ シンゾウ
書名別名 Minamoto no yoritomo no shinzo
シリーズ名 角川選書 490
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2011.4
ページ数 263p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703490-7
NCID BB05570696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21938017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想