連続討論「国家」は、いま : 福祉・市場・教育・暴力をめぐって

杉田敦 編

グローバル時代における国家の役割とは何か。国家と市場、そして市民社会の関係を、私たちはどのように考えればよいのだろうか。福祉・市場・教育・暴力という四つの主題を軸に、政治学・法学・社会学・社会理念・教育学・経済学など、多様な専門の論者たちが語り合う。派遣村、全国学力テスト、戦争の民営化など、具体的なトピックを議論の糸口に、日常の背景にある原理的な問題を考察する。現代の国家について幅広い視点から考えるために。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 福祉 連帯を育む政治をどう創るか-福祉国家における「健康で文化的な最低限度の生活」(後期高齢者医療制度は現代の姥捨山か?
  • 外国人ケアワーカーの受け入れは日本社会を変えるか
  • 派遣村批判の根底にあるもの)
  • 市場 市場の暴走を管理するのは誰か-市場と国家の共犯関係を超えるために(ヘッジファンドに翻弄される国家
  • 租税を回避するグローバル企業
  • 環境保全と経済成長は両立可能か)
  • 教育 教育の分権化は国民の平等を掘り崩すか-教育の普遍性と市場化のあいだ(全国学力テストの実施を望む声、廃止を望む声
  • コミュニティ・スクール構想と教育の分権化をめぐって
  • 日の丸・君が代強制と教員処分の意味)
  • 暴力 国家を国家たらしめているものは何か-国家の起源とその役割(「戦争の民営化」が意味するもの
  • 刀狩りと帯刀禁止令における暴力の形
  • 国家を廃棄することはできるのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 連続討論「国家」は、いま : 福祉・市場・教育・暴力をめぐって
著作者等 住吉 雅美
市野川 容孝
廣田 照幸
新川 敏光
杉田 敦
石川 健治
萱野 稔人
諸富 徹
重田 園江
書名ヨミ レンゾク トウロン コッカ ワ イマ : フクシ シジョウ キョウイク ボウリョク オ メグッテ
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.4
ページ数 226p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-022909-8
NCID BB05565404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21938296
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
国家 国家を国家たらしめているものは何か 住吉雅美, 市野川容孝, 石川健治, 萱野稔人, 杉田 敦
市場 市場の暴走を管理するのは誰か 新川敏光, 萱野稔人, 諸富徹, 重田園江, 杉田 敦
教育 教育の分権化は国民の平等を掘り崩すか 住吉雅美, 市野川容孝, 広田照幸, 石川健治, 杉田 敦
福祉 連帯を育む政治をどう創るか 市野川容孝, 広田照幸, 新川敏光, 諸富徹, 重田園江, 杉田 敦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想